EastEnder's Blues

Music that I like recently. Sometimes, Football or films.
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク
- / / - / -
Summer Twins Japan Tour
待望のSummer Twins Japan Tour!
僕もRewind TapesとしてDJで参加させてもらいます。


Twee Grrrls Club Night#2

@VACANT harajuku
Open: 18:00
Charge: ADV3500yen/DOOR4000 without drink

LIVE: 
Summer Twins
DYGL(ex.DeNaDa)
シャムキャッツ

DJ:
Twee Grrrls Club
Rewind Tapes

POP UP SHOP:
Hurry Up Ice Cream(アイスクリーム)
Thumb And Cakes(お菓子)
gaijin(古着)
Liten Butiken(北欧雑貨)

http://tweegrrrlsclub.tumblr.com/





Posted by Masatoo Hirano (平野 暢達)
music - gig / 22:35 / comments(0) / trackbacks(0)
my first exhibition
i can hear music

急遽、ですが、原宿のkit galleryにて個展をさせて頂くことになりました。

「I can hear music」
@ kit gallery
3/3 - 3/9

「music」をテーマに直接的、間接的な写真、ドローイングを展示する予定です。
ご存じの方も多いかと思いますが、このギャラリーはチャーベさんが始めたばかりのギャラリーで、音楽好きなお客さんも多いと思うので、個人的にはとても良い場所でやらせて貰えるなと思っています。

もしお時間がありましたら是非お越し下さい。
escalator / BIG LOVEと同じビルです。
Posted by Masatoo Hirano (平野 暢達)
music - gig / 15:53 / comments(0) / trackbacks(0)
Camera Obscura, Hideki Kaji
昨日、新代田FEVERにて行われたCamera Obscuraの初来日公演に行ってきた。クッキーシーンのサポートによるクッキーシーンナイトとして行われていたのだけれど、信じられないくらいに会場は人で埋め尽くされていた。カジくんのライブの頃に到着したのにチケットカウンターで並ぶし、中に入るとすでに満員で最前列はおろか、バーカウンターまで辿り着くのもやっとで、バーカウンター横でDJをするクッキーシーン伊藤さんにかろうじて挨拶。すぐにカジくんのライブがはじまった。

いつもの編成と若干違い、アコーディオンとコーラスに元Bridge池水さん、ドラムにはRiddim Saunterの(古川)太一くんがヨシエちゃんの代わりに入っていた。この日はなんだかとても懐かしいモードだったようで、カジくんの昔の曲が多く演奏された。かなり久々に『TEA』から「シヴィラはある日突然に」や、古くからのファンには堪らないBridge時代の曲「He, She and I」をやったり、ロンドン時代には結構やっていた「Tokyo to London」を、「Tokyo to Glasgow」としてやったり(でもSohoを言い換えることができず苦笑)、30歳前後の往年のファンを喜ばせていた。そして新曲のアイリッシュな曲がすごく良かった。ここまで英国を愛する男、カジヒデキ4○歳。潔い。僕も相当英国贔屓ですが、負けます。

そしてメインのCamera Obscura。これが予想以上に素晴らしかった。今回のDark Girlish Religionのミックスにも入れているのだけれど、好きな曲が何曲かあるという程度のバンドだったのだけれど、これがライブで観るとかなり良いのだ。おそらく生音に飢えているからというのもあるのだろうけど、明らかに日本のバンドと音の迫力が違う。おなじ箱なのに。キャリアというだけではないなにか大きな差がある。編成もばっちりで、ギター×2、ベース、ドラム、キーボード、そしてホーンがひとり。このホーンが肝だったかも。それと、ボーカルとキーボード以外はもう40代目前くらいのおじさんなのに、かなり良い感じの演奏をしていた。特にドラムとベースがとてもしっかりグルーヴ感をだしていて、ギター兼コーラスも見かけとはかけ離れた心地良いカッティングギターとハイトーンだけれど柔らかいコーラスを連発。これは人気あるはずだ。

頑張って観に行って本当に良かったけれど、やっぱりカジくんとかとは話すチャンスがなかったのが残念。
Posted by Masatoo Hirano (平野 暢達)
music - gig / 19:13 / comments(0) / trackbacks(0)
Mystery Jets @ Shibuya Club Quattro
JUGEMテーマ:音楽


Mystery Jets @ Shibuya Club Quattro, 8 Jan 2008

mystery jets

クアトロで観たMystery Jets。もちろん比べるには酷だとは思うけれども、ロンドンで観ていた時よりはたしかに物足りなかった。彼等のセカンドアルバムがファーストよりも遙かにキャッチーに、わかりやすくポップになったおかげかどうかわからないけれども、相当に売れてしまったのが裏目に出ているような、そんな最近の彼等を表していたようなライブだったように思う。悪くはなかったけれど、以前ほどのインパクトは無かったように思う。それでも、Williamのギターはなかなか良い感じ。僕好みのギターを弾くというのが大きいのだけれど、Roddy Frameとかを彷彿とさせるような(大げさかも知れないが)、切れの良いギターを聴かせてくれる。あと、最後にはお父さんも登場。You can't fool me denisを一緒に唄った。これはちょっと感動。
でも、普通にパブとかでもっと近くで聴きたいなぁ、やっぱり。
Posted by Masatoo Hirano (平野 暢達)
music - gig / 21:35 / comments(0) / trackbacks(0)
Mumford and Sons
JUGEMテーマ:音楽

Mumford and Sons @ Rough Trade East, 4 Nov 2008
mumford01

アコースティックなシーンは以外と息が長いように思う。常に細く長く生きているというか、やはり一番ベーシックな音楽だからだろうか。新しい物を追い求めて、そういうのに少し疲れた時などに反動でターンテーブルに乗せるような音楽。自分の中で常にメインではないのだけれど、常に共にある音楽、アコースティックな音楽とはそういうモノのような気がしている。このMumford & Sonsは、日本でもそこそこ知名度があると思われるNoah and the Whaleのバックを務めていたメンバーがいるバンド。

mumford02

そういうバンドなので、もちろんNoah and the Whaleが好きな人にはとりあえずオススメしておきたい。Mumford & Sonsはよりソウルフルな、だけれど暖かみのあるボーカルが魅力的だし、演奏力も文句なしで安心して聴ける。バンジョーが効果的に使われていることもあって、カントリーテイストも強く感じる。静かにゆっくりとした曲の中での抑揚の付け方がうまかったり、アップな曲でのタイトだけれども熱い演奏、それぞれがとても素晴らしいバンドだと思う。

mumford03

とても良いバンドだと思うのだけれど、辺にハイプになったりしないで欲しいなと思う。そしてマイペースで活動を続けてくれることを願っている。
Posted by Masatoo Hirano (平野 暢達)
music - gig / 15:07 / comments(0) / trackbacks(0)
King Khan & The Shrines
kingkhan01
大好きなヴェニューでこんなに豪華なバンドをみれるとは。King Khan & The Shrinesがロンドン、Dirty Water Clubへ大所帯でやってきた。なんといっても3人のホーン隊がいるのがいい。久しぶりにこんなしっかりしたバンドを観た気がする。ガレージにソウルとファンクを取り入れたその音はライブでその本領を発揮したようだった。

kingkhan02
ステージに乗り切らないほどの人数での演奏はそれだけで圧倒的。全身を汗に濡らしながら、エロティックにオーディエンスに迫ったり、力の限り歌い上げたり、ホーン隊もギターもベースも楽しくて堪らないといった顔で演奏している。そんなバンドにずるずると引きずられてこちらも汗だくになる。これがライブの醍醐味。本当に熱い夜だった。

kingkhan03
2008年はやはりアメリカからの逆襲の年だった。こういうアメリカからのバンドを観る度に、英国の、ロンドンのバンドのすかし具合が気になって仕方なかった。ライブになるとその差は歴然。上手い下手ではなく、演奏している本人達が楽しくてバンドをやっているのか、ただ格好付けたいだけなのか、有名になりたいだけなのか、それがわからないようなバンドが目についてきたからだ。今年は完全にアメリカ勢が面白い。
Posted by Masatoo Hirano (平野 暢達)
music - gig / 14:17 / comments(0) / trackbacks(0)
Thee Vicars
vicars01
2008年ロンドンでもしかしたら一番格好良かったかもしれない十代のガレージバンド。もう典型的なガレージサウンド、そこには一点の迷いもないそのストレートな姿がとにかく格好良かった。エレクトロやニューウェイブ、ゴスなシーンにのっかろうというようなバンドが多い中で、一際目立った存在だった。ガレージ名門のDirty Warterからアルバムを出したのだけれど、これがまた素晴らしい。もちろんライブには勝てないけれども、それでも音源からもその勢いを感じることはできる。

vicars02
ちょうど僕のなかでガレージブームだったのも手伝って、その評価には甘いところがあるかとは思うけれど、これだけ素直に自分がやりたい音楽をやっている若者にはすごく刺激を受けた。インディー(っぽい)をファッションとしてやっているバンドが多い中、それはとても新鮮に思えたのだった。やっぱりコレこそが本当のインディーだと思う。
Posted by Masatoo Hirano (平野 暢達)
music - gig / 13:55 / comments(0) / trackbacks(0)
Vivian Girls @ Old Blue Last
 3 Dec 2008

Vivian Girls

遂に観れたVivian Girls from Brooklyn。チケットが売り切れで入れるかわからなかったけれど、とりあえずヴェニューまで行って並んで、難なく入れた!それだけでも嬉しいのに、このOld Blue Lastの近さと言ったら、もう日本ではありえない。これじゃないと本当にライヴを楽しめないと思うのだけど。まぁ、それは言っても仕方のないこと。少しづつ変えていけばいい。このヴェニューは基本的にはパブ、言ってみれば居酒屋。そこでのライブといえばどれだけ狭くてアーティストとの距離が無いか解って貰えるだろうか?一度でもパブでギグを観たことがある方なら解って貰えると思うが。Leicaだとギリギリ1mの距離。これ以上近いとぼけてしまうくらいの距離だ。

Vivian Girls

ドラムの子が最初の頃とは変わってはいるのだけれど、それでもやっぱりこのチャーミングな3ピースバンドは素晴らしい。英国のバンドにはないラフさ、でもどこか確信犯的な、でもなにも意識してなさそうな、絶妙なライン。音源のように深いエコーがかかっていたりはしなかったし、特に音響にこだわった感じは無かったけれど、それが逆に新鮮で。思ったよりも力強い演奏に少しビックリ。

Vivian Girls

かといって演奏が上手いとはお世辞にも言えないのだけれど、そこがまた良いのだ。僕が単にこういうGirls bandに弱いというのを差し引いてもかなり絶妙な所をついているのではないだろうか。時代の波に乗ったといえばそれまでだけれども、それだけでこんなに早く大きくなれないだろう。これがアメリカのインディーバンドの底力なのかと思わざるを得なかった。90年代リバイバルの今、こういったLo-Fiなバンドが続々と出てきているけれど、そのなかでも群を抜いていると思う。もちろん、ファッション的な視点からも支持されているのはわかるが、ファッションだけにしか興味のない、わからないファッションピープルなんかに色々方って欲しくないくらいに良いバンドだと、個人的には思った。
Posted by Masatoo Hirano (平野 暢達)
music - gig / 05:54 / comments(0) / trackbacks(0)
Abe Vigoda
1 Dec 2008 @ Rough Trade East

Abe Vigoda

またしてもアメリカ、西海岸から変なバンドが。基本的にはガレージっぽいジャングリーなギターサウンドがベースで、はやりのちょいトロピカルな要素を織り交ぜている。Vampire Weekendとはまた違う感じのトロピカル具合で、もっと粗いというか荒いというか、優等生的では無い感じだ。どちらかというとノイジーなギターが一番の特徴かもしれない。まぁ、こんなTシャツを着てしまっているくらいだからそういう要素が取り込まれているのは言わずもがなで…。

Abe Vigoda

実はライブを観るまでは結構面白いバンドなのかも、とそれなりに期待をしてはいたのだけれど、思ってた以上ではなかった感じ。悪くはない、しかし飛び抜けて良くもない。なんだか、あと一歩突き抜けない感じが少し残念だった。インストアライブだったからかもしれないのだけれど、それにしてもこのあとのOld Blue Lastでのギグが結構早い時期にSold Outになっていたのが少し不思議に感じるくらいの印象だった。

Abe Vigoda

それにしても、このところアメリカのバンドを東西とわずよく観ているように思う。そこで感じるのは、フロントアクトの英国バンドとの差。やっぱりロンドンのバンドはまだまだいろいろ引きずっている感じで、いまいち先に進めていない気がしてならない。バブルが弾けたことも関係しているのだろうか。2年くらい前から始まった気がするアメリカインディーの再興。もうしばらくはアメリカのバンドの勢いが止まらないのではないかと個人的には感じている。
Posted by Masatoo Hirano (平野 暢達)
music - gig / 09:53 / comments(0) / trackbacks(0)
Jay Reatard, Thee Vicars
JUGEMテーマ:音楽


24 Nov 2008 @ Old Blue Last

Thee Vicars
Thee Vicars
Jay Reatardの前座はThee Vicars。Billy Childishが最も信頼を寄せ、喜んで出演するDirty Water ClubのレーベルからLPを出したばかりということもあり、それなりに期待をしていた。演奏が始まった瞬間に一気にタイムスリップした感覚に襲われる。リミッターの針を振り切るほどの凄まじいファズギターに心も体も奪われ、キャッチーなメロディにグッときて、ウォームアップと言うにはいささか激しすぎる感じで体を温めた。いや、この圧倒的なライブは久しぶりだった。なんと全員まだ十代というから更に驚きだ。もろ直球な60年代ガレージロックなのだけれど、その辺のバンドとは訳が違う。来年は4月にヨーロッパツアーを行うそう。このパフォーマンスならそれくらいのオファーあるだろうな。とにかく格好良い。

Jay Reatard
Jay Reatard
これが3回目だったかな、Jay Reatardを観たのは。Thee Vicarsで思いのほか体が温まったので、そのままJayに突入したかったけれど、PAがしょぼく、Jayのギターが鳴らない。ちょっと機嫌を悪くしたかどうかはわからないけれど、そこからいつものように一切MCなど無しに15曲くらいをざ〜っとやり、スパッと終わる。いつもそうだ。クッキーシーンの今月号でインタビューされていたけれど、長くても40分くらいしかやらない、いや、40分もやったこと無いと思う、僕が観たうちでは。一曲が短いから曲数はたくさんやるけれど、あっという間に終わってしまって、気分爽快。少しもの足らないくらいが丁度良いのかも知れない。途中、いつものフライングVからアコギに持ち替えて何曲かやって、そしてまたフライングVに戻ってという構成。最後はJayがマイクを握ってベースのAlixだっけ?を殴る、Alixがそれを避ける、というパフォーマンスで終わる。Jayは気に入らないヤツをすぐに殴るという噂がまことしやかにささやかれているけれど、もしかしてそれって本当なのかも、と思わされた。しかし、彼の曲は本当にポップだ。とてもアグレッシブだけれど。次のアルバムはもっとオタクっぽく、いろんな楽器も使ったポップスになるそうで、またそれが楽しみだ。
Posted by Masatoo Hirano (平野 暢達)
music - gig / 08:39 / comments(0) / trackbacks(0)

Calender
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
Search This Site
Recommend
Dream Analysis [Analog]
Dream Analysis [Analog] (JUGEMレビュー »)
Jesse Ruins
やってしもた、ついにCaptured Tracksからリリースされてしまった。つべこべいわず応援します。
Tender Opposites
Tender Opposites (JUGEMレビュー »)
Tops
センチメンタルでたまらない。シンセも効いているけど、やっぱりギターがしっかり好きな感じなのでたまらない。涙のCDオンリー。
 (JUGEMレビュー »)

なんとなくカントリーな香りがするのはジャケのせいだけではない。この夏にぴったりなキャッチーな曲満載で、もう奴ら、憎たらしいくらいに格好良い!
グアルディオラのサッカー哲学
グアルディオラのサッカー哲学 (JUGEMレビュー »)
フアン・カルロス・クベイロ,レオノール・ガジャルド
Good Feeling Music of Dent May & His Magnificent [12 inch Analog]
Good Feeling Music of Dent May & His Magnificent [12 inch Analog] (JUGEMレビュー »)
Dent May
夏の必須アルバム。Beach Boysファンはこれが嫌いなはずがない。ウクレレもなんかへんにハワイアンな感じにならず、粋な感じだし、とにかくハイトーンボイスでうたわれるドリーミーだけれど甘ったるすぎないメロディがたまらない。記事に書いた新しいレーベルForest Family Recからのシングルがこのアルバムをさらに越えた出来で衝撃的。是非そちらも。
FAIR OHS / SPECTRALS / Split (7")
FAIR OHS / SPECTRALS / Split (7") (JUGEMレビュー »)
今のところSpectralsで一番好きな曲が収録されているのがこのスプリットシングル。Keep Your Magic Out Of My HouseはYouTubeのライブを観てもやっぱり良い感じ。もう一曲のBirthday Kissも良い曲。だけど、ネット上で見つけたBirthday Kissは別バージョンでよりクリアでアップテンポなやつで、そっちの方がさらに好みだけど。でも、やっぱりKeep Your Magic Out Of My Houseでしょう!
Suburbs
Suburbs (JUGEMレビュー »)
Arcade Fire
あえてレビューを書かなかったのですが、たぶんこれまでの作品で一番ポップで大衆受けする可能性の高いアルバム。かくいう僕も今までのアルバムで一番好きです。特にタイトル曲は曲名からしてツボ。そうです、僕はSuburbsに住んでいるし、そこの空気とか景色に思い入れがあるから。でも曲はきわめてポップ。そこが素晴らしい。
Little Joy
Little Joy (JUGEMレビュー »)
Littlejoy
The Strokesのドラマーによるサイドプロジェクト。これがリラックスしたバカンスサウンドで夏にはぴったり。意外とStrokesのサウンドの肝は彼とAlbert Hammong Jr.だと個人的には思ってます。あのイケメンよりAlbert Hammond Jrのソロ作が好きな人にオススメします。カリプソ風味。
クッキーシーン Vol.74
クッキーシーン Vol.74 (JUGEMレビュー »)
クッキーシーン編集部
裏表紙はEmmy The Great。インタビュー&写真撮影させてもらいましたが、緊張しました。でもなかなか良いのでは?と思います。
クッキーシーン Vol.72
クッキーシーン Vol.72 (JUGEMレビュー »)
クッキーシーン編集部
今回はDeerhunterのインタビューをさせてもらいました。丁度来日ギグもあったのでその写真とライブレポート、さらには『Rainwater Cassette Exchange』のディスクレヴューも書かせて頂きました。
クッキーシーン Vol.70
クッキーシーン Vol.70 (JUGEMレビュー »)
クッキーシーン編集部
The Horrors のインタビューをさせてもらいました。かなり率直に色々訊かせてもらったのですが、それに正直にファリスが答えてくれてます。手前味噌ですが、結構良いインタビューになっていると思います。
The Floodlight Collective
The Floodlight Collective (JUGEMレビュー »)
Lotus Plaza
Deerhunterのギタリスト、Lockett Pundtによるソロプロジェクト。 この前のDeerhunter
Ep
Ep (JUGEMレビュー »)
Tijuana Panthers
Nouns [12 inch Analog]
Nouns [12 inch Analog] (JUGEMレビュー »)
No Age
ATP vs Pitchfork 2008参戦!No Ageはかなり格好いい。ガレージ?エクスペリメンタル?ポストSonic Youth?なんでもいいけど、格好いい。
ゴールデン・ブルー/デス・エッグ
ゴールデン・ブルー/デス・エッグ (JUGEMレビュー »)
スクリーミング・ティー・パーティー
Screaming Tea Partyの日本デビュー盤。先に出ていたEP「Death Egg」ともうすぐ発売のEP「Golden Blue」の2 in 1仕様のようですね。レビューでも書いたように、とにかくメロディが素晴らしいので、グッドメロディ好きは是非一度聴いてみてください。あえて何かっぽいとか言いたくないほどに素晴らしい。
 (JUGEMレビュー »)

R.I.P. 29歳は若すぎる。これからだったのに残念すぎる。あんなに近くで観ていたのに…信じられない。
TWENTY ONE
TWENTY ONE (JUGEMレビュー »)
Mystery Jets
より普遍性を増した感じもするけれど、予想を遙かに超える内容でとにかく驚きの連続。個人的にはVeiled in GreyからTwo Doors Downのこの繋がりがたまらなく好き。Two Doors Downはこのアルバムの中で一番好きです。
Hissing Fauna, Are You the Destroyer?
Hissing Fauna, Are You the Destroyer? (JUGEMレビュー »)
Of Montreal
やったATP vs Pitchfork 2008参戦。このサイケっぽいインディーポップが最高。今回見逃したくないバンドのひとつ。
All Hour Cymbals
All Hour Cymbals (JUGEMレビュー »)
Yeasayer
そう、彼等もATP vs Pitchfork 2008参戦なんだから素晴らしい。どうか色々とかぶらないことを祈って。楽しみだぁ、ホントに。
Night Falls Over Kortedala
Night Falls Over Kortedala (JUGEMレビュー »)
Jens Lekman
素晴らしい。彼もまたATP vs Pitchfork 2008参戦。この煌めきはなかなか見つけられるモノではないと思う。シンガーソングライターものが好きな人へ。やっぱり冬が似合うなぁ。現代のSimon & Garfunkle。
Rise Above [Analog]
Rise Above [Analog] (JUGEMレビュー »)
The Dirty Projectors
彼等もATP vs Pitchforkに来る!個人的には結構好きなバンドなので楽しみだ。どんなライブするのかなぁ。
Fort Nightly
Fort Nightly (JUGEMレビュー »)
White Rabbits
ようやく7インチが今年切られたので、これも2007年のベストの中に入れてしまう。アメリカの底力。Mystery Jetsへのアメリカからの回答、なんていう陳腐な表現しか浮かばないけれど、本当に良く聴いた。
Ra Ra Riot
Ra Ra Riot (JUGEMレビュー »)
Ra Ra Riot
もうヴァイオリンがたまらなく切なくもテンションを上げまくる。Mystery Jets,Larrikin LoveそしてWhite Rabbitsにやられたらこれも是非、たまらないから、ホント。
Shocking Pinks [12 inch Analog]
Shocking Pinks [12 inch Analog] (JUGEMレビュー »)
Shocking Pinks
これは素晴らしい。DFAもなかなかやりますね。今のガレージ気分とエレクトロニカの雰囲気を併せ持つ、ニュージーランドのRadio Deptか。
The Reminder
The Reminder (JUGEMレビュー »)
Feist
iPodのCMに使われて、日本のお茶の間にも浸透したかと思われたが、全くそんなことなく、そこが日本なんだなぁ。結局、地盤が無いところに家は建たないのか?

Bookmark
Profile
Selected Entries
Recent Comments
Recent Trackback
Categories
Archives
Others