EastEnder's Blues

Music that I like recently. Sometimes, Football or films.
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク
- / / - / -
The manager must be changed
pitch

久しぶりに昨日はリアルタイムでCL finalを観てしまった。
Man U贔屓の僕は一応彼等を応援。しかし気が気ではない。
バルサも凄く好きなチームのひとつだし、なんせ観ていて楽しい。
Man Uには華がないというか、美しさが無い。
それは充分に理解した上であのなんとも無骨なフットボールが
それはそれで好きなのだ。不器用な古くさいフットボールが。

しかし、予感は的中。
今のバルサにMan Uがかなうはずがない。
まるで赤子をあやすがごとくボールをまわされ、
ここというところでスピードアップ。
こんなフットボールに慣れていないMan Uがついていける訳がない。
こちらのディフェンダー陣はきりきり舞い。
素早い切り返し、フェイクに一瞬で置き去りにされる。

もうバルサのやりたい放題。
悔しいけれど、ここまで完璧にやられたらさすがのファーギーも
ようやく諦めて辞めてくれるだろうとの期待を込めて
涙をこらえて先のことを考えて良い機会だと思うことにした。
それにしてもなぜO'Sheaをあんなに買っているのか…。
長いスルーパスしか供給できないCarrickも必要か?
はやく次のステップへMan Uを進ませてやってくれファーガソン。
Posted by Masatoo Hirano (平野 暢達)
Football / 17:52 / comments(0) / trackbacks(0)
fuck furgie!
ああああぁぁぁ!もういい加減にしてくれ。
ロナウドから7番を奪い取れ。
今のキミのチームは相手をなめることはできないよ。
しかも判断遅すぎ。氷点下のなか、7分で結果でないって。
でくのぼうを重用するのもよくわからないし。

だから、もう意地張らずに次に託した方がいいよ。
もう欧州で通用しないって証明されたじゃん。
Posted by Masatoo Hirano (平野 暢達)
Football / 10:19 / comments(0) / trackbacks(2)
Tragedy of ManU
paul_scholesちょっと、本当にひとつの時代が終わってしまった。赤から青へ。ついにエヴァートンにもなめられる始末。本気で勝てなくなった。CLグループリーグ敗退(しかも最下位)も現実のものとなり、いよいよファーギーの後継者は?というトピックがあちこちからでてくる。ただ、あの人はまだ続けそうな気がする。あのアメリカ人が力ずくで引きずりおろさない限りは。このスコールズの表情、ちょっと寂しすぎるよ。


we_love_man_uそんなユナイテッドを好きになったのは、やっぱりこういうWe Love Man U (trattoria)のようなFootballソングのおかげでもある。これは比較的新しく編集されたコンピで、すでに他のコンピなどには収録されている曲が多いものの、セレクトはピカイチ。


richmondeフットボールソングといえば欠かせない、マイク・オールウェイさん。かれのel後のRichmondeのとかは結構ジャケのセンスの良さにも現れているように、洗練された応援歌が多数収録されてます。この人本当にこういうの好きなんだろうなぁ。


bend itそして、ユナイテッドに心を奪われることになった決定的な出会いがこのコンピだった。小山田氏のトラットリアからのサッカーソング・コンピで、best of Bend it!はいくつか出ていたシリーズからの編集盤。これに入っていた"Manchester United Calypso"に、浪人生になろうとしていた元高校蹴球児は心ときめき、その道にはまっていったのでした。今でもたまにManU TVとかでもちょろっと流れるほどの人気も納得の名曲。カリプソだし。こっからフットボールと音楽の繋がりの深さにやられちゃってるのです。
Posted by Masatoo Hirano (平野 暢達)
Football / 19:13 / comments(0) / trackbacks(3)
George Best
george best五人目のBeatlesのためにも頑張れよ、と思った瞬間、先制されてるよ・・・。スコールズももうだめか?消極的なプレイが目立つなぁ。パク頑張れ。7番は違う人に譲ってください。ほんと、よろしくお願いしますよ。今はルーニーしか期待できないのか・・・
Posted by Masatoo Hirano (平野 暢達)
Football / 01:14 / comments(3) / trackbacks(1)
edwin van der sar
マンチェスター・ユナイテッドの補強は個人的には納得。
しかしグレイザーは本当にユナイテッドを立て直すつもりがあるのかは謎。
所詮、アメリカ人だし、商売人だしね。

一番の穴だったゴールキーパーにはedwin van der sarを獲得。
どうせとるならもっとはやくとっておけば良かったのに。
すこし年齢的に不安はあるけど、好きな選手の一人なのでよしとしよう。
あとはパク・チソン。
これはきっといい買い物でしょう。
彼は応援しています。PSVではかなりいいプレイをしていたし。
韓国の選手では唯一といっていいくらい好きな選手だし・・・。

さて、今期はせめてガナーズの上に行ってくれないとね。
Posted by Masatoo Hirano (平野 暢達)
Football / 18:21 / comments(0) / trackbacks(4)
お願いだから、キャロル死んでくれ
はぁ。
やっぱりGKの差が出た結果に。
ファーギーはなんでこれを使い続けるのか。
オマエもやめろよ、ファーギー。
なんてこった。ホームで負けるなんて。
Posted by Masatoo Hirano (平野 暢達)
Football / 23:00 / comments(0) / trackbacks(4)
マンU×リヨン、デフラーフスハップ×アヤックス
CLでは我がMANUのグループリーグ突破をかけた戦い。
久々に観たのはAJAXのエールディビジ、アウェーでの一戦。
最近ようやくチームのカタチが見えてきたMANUと、
CLは最悪、ズラタンの穴がどうしても埋まらないAJAX。
どちらも好きなチームだからやはり観ていると楽しい。
続きを読む >>
Posted by Masatoo Hirano (平野 暢達)
Football / 16:15 / comments(0) / trackbacks(0)
MANCHESTER DERBY
今期初のマンチェスター・ダービー。
ここ最近では珍しく攻めに攻めまくった試合だった。
続きを読む >>
Posted by Masatoo Hirano (平野 暢達)
Football / 23:23 / comments(0) / trackbacks(2)
今期2敗目はポーツマス
やっぱり前節で燃え尽きてしまったのか。
続きを読む >>
Posted by Masatoo Hirano (平野 暢達)
Football / 10:28 / comments(0) / trackbacks(3)
C'moooooon!!! Ruud が吠えた!
やった、やりましたよ、止めましたよ、無敗記録を!!
やっぱり止めるのはマンUしかいなかった。

あのPKはなかったと思うけど、ロナウドの分でチャラでしょう。
それにしても、今にも泣き出しそうなくらいの喜びを見せたRuudの姿には心が揺れた。
そして、若手だけで綺麗に獲ってしまった2点目は鳥肌たっちゃいましたよ。
スミスは落ち着いてルーニーのバースデー・ゴールを演出。ニクイ。
粕谷さんも言ってたけど、スミス、ルーニー、ロナウドを先発で使ったら結構うまくいったりして。今のところ前の選手たちの連携はあまりよくないから。

この試合、内容はどうであれ「勝つこと」がとにかく重要だった。
だから、今日はそれだけで十分。問題はまだまだあるけれど、負けないように最後までもがきながらでも上を目指して戦っていってもらいたい。個人的にはロッベンをとれなかったのは相当痛いと思う。今節ようやくプレミアデビューを果たしたけど、かなり良かった。今のギグスは超えているのではないでしょうか。オレがウィング・タイプの選手が好きって言うのもあるんですが、やっぱり両翼にそういう選手が是非とも欲しいです。
Posted by Masatoo Hirano (平野 暢達)
Football / 10:00 / comments(0) / trackbacks(0)

Calender
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
Search This Site
Recommend
Dream Analysis [Analog]
Dream Analysis [Analog] (JUGEMレビュー »)
Jesse Ruins
やってしもた、ついにCaptured Tracksからリリースされてしまった。つべこべいわず応援します。
Tender Opposites
Tender Opposites (JUGEMレビュー »)
Tops
センチメンタルでたまらない。シンセも効いているけど、やっぱりギターがしっかり好きな感じなのでたまらない。涙のCDオンリー。
 (JUGEMレビュー »)

なんとなくカントリーな香りがするのはジャケのせいだけではない。この夏にぴったりなキャッチーな曲満載で、もう奴ら、憎たらしいくらいに格好良い!
グアルディオラのサッカー哲学
グアルディオラのサッカー哲学 (JUGEMレビュー »)
フアン・カルロス・クベイロ,レオノール・ガジャルド
Good Feeling Music of Dent May & His Magnificent [12 inch Analog]
Good Feeling Music of Dent May & His Magnificent [12 inch Analog] (JUGEMレビュー »)
Dent May
夏の必須アルバム。Beach Boysファンはこれが嫌いなはずがない。ウクレレもなんかへんにハワイアンな感じにならず、粋な感じだし、とにかくハイトーンボイスでうたわれるドリーミーだけれど甘ったるすぎないメロディがたまらない。記事に書いた新しいレーベルForest Family Recからのシングルがこのアルバムをさらに越えた出来で衝撃的。是非そちらも。
FAIR OHS / SPECTRALS / Split (7")
FAIR OHS / SPECTRALS / Split (7") (JUGEMレビュー »)
今のところSpectralsで一番好きな曲が収録されているのがこのスプリットシングル。Keep Your Magic Out Of My HouseはYouTubeのライブを観てもやっぱり良い感じ。もう一曲のBirthday Kissも良い曲。だけど、ネット上で見つけたBirthday Kissは別バージョンでよりクリアでアップテンポなやつで、そっちの方がさらに好みだけど。でも、やっぱりKeep Your Magic Out Of My Houseでしょう!
Suburbs
Suburbs (JUGEMレビュー »)
Arcade Fire
あえてレビューを書かなかったのですが、たぶんこれまでの作品で一番ポップで大衆受けする可能性の高いアルバム。かくいう僕も今までのアルバムで一番好きです。特にタイトル曲は曲名からしてツボ。そうです、僕はSuburbsに住んでいるし、そこの空気とか景色に思い入れがあるから。でも曲はきわめてポップ。そこが素晴らしい。
Little Joy
Little Joy (JUGEMレビュー »)
Littlejoy
The Strokesのドラマーによるサイドプロジェクト。これがリラックスしたバカンスサウンドで夏にはぴったり。意外とStrokesのサウンドの肝は彼とAlbert Hammong Jr.だと個人的には思ってます。あのイケメンよりAlbert Hammond Jrのソロ作が好きな人にオススメします。カリプソ風味。
クッキーシーン Vol.74
クッキーシーン Vol.74 (JUGEMレビュー »)
クッキーシーン編集部
裏表紙はEmmy The Great。インタビュー&写真撮影させてもらいましたが、緊張しました。でもなかなか良いのでは?と思います。
クッキーシーン Vol.72
クッキーシーン Vol.72 (JUGEMレビュー »)
クッキーシーン編集部
今回はDeerhunterのインタビューをさせてもらいました。丁度来日ギグもあったのでその写真とライブレポート、さらには『Rainwater Cassette Exchange』のディスクレヴューも書かせて頂きました。
クッキーシーン Vol.70
クッキーシーン Vol.70 (JUGEMレビュー »)
クッキーシーン編集部
The Horrors のインタビューをさせてもらいました。かなり率直に色々訊かせてもらったのですが、それに正直にファリスが答えてくれてます。手前味噌ですが、結構良いインタビューになっていると思います。
The Floodlight Collective
The Floodlight Collective (JUGEMレビュー »)
Lotus Plaza
Deerhunterのギタリスト、Lockett Pundtによるソロプロジェクト。 この前のDeerhunter
Ep
Ep (JUGEMレビュー »)
Tijuana Panthers
Nouns [12 inch Analog]
Nouns [12 inch Analog] (JUGEMレビュー »)
No Age
ATP vs Pitchfork 2008参戦!No Ageはかなり格好いい。ガレージ?エクスペリメンタル?ポストSonic Youth?なんでもいいけど、格好いい。
ゴールデン・ブルー/デス・エッグ
ゴールデン・ブルー/デス・エッグ (JUGEMレビュー »)
スクリーミング・ティー・パーティー
Screaming Tea Partyの日本デビュー盤。先に出ていたEP「Death Egg」ともうすぐ発売のEP「Golden Blue」の2 in 1仕様のようですね。レビューでも書いたように、とにかくメロディが素晴らしいので、グッドメロディ好きは是非一度聴いてみてください。あえて何かっぽいとか言いたくないほどに素晴らしい。
 (JUGEMレビュー »)

R.I.P. 29歳は若すぎる。これからだったのに残念すぎる。あんなに近くで観ていたのに…信じられない。
TWENTY ONE
TWENTY ONE (JUGEMレビュー »)
Mystery Jets
より普遍性を増した感じもするけれど、予想を遙かに超える内容でとにかく驚きの連続。個人的にはVeiled in GreyからTwo Doors Downのこの繋がりがたまらなく好き。Two Doors Downはこのアルバムの中で一番好きです。
Hissing Fauna, Are You the Destroyer?
Hissing Fauna, Are You the Destroyer? (JUGEMレビュー »)
Of Montreal
やったATP vs Pitchfork 2008参戦。このサイケっぽいインディーポップが最高。今回見逃したくないバンドのひとつ。
All Hour Cymbals
All Hour Cymbals (JUGEMレビュー »)
Yeasayer
そう、彼等もATP vs Pitchfork 2008参戦なんだから素晴らしい。どうか色々とかぶらないことを祈って。楽しみだぁ、ホントに。
Night Falls Over Kortedala
Night Falls Over Kortedala (JUGEMレビュー »)
Jens Lekman
素晴らしい。彼もまたATP vs Pitchfork 2008参戦。この煌めきはなかなか見つけられるモノではないと思う。シンガーソングライターものが好きな人へ。やっぱり冬が似合うなぁ。現代のSimon & Garfunkle。
Rise Above [Analog]
Rise Above [Analog] (JUGEMレビュー »)
The Dirty Projectors
彼等もATP vs Pitchforkに来る!個人的には結構好きなバンドなので楽しみだ。どんなライブするのかなぁ。
Fort Nightly
Fort Nightly (JUGEMレビュー »)
White Rabbits
ようやく7インチが今年切られたので、これも2007年のベストの中に入れてしまう。アメリカの底力。Mystery Jetsへのアメリカからの回答、なんていう陳腐な表現しか浮かばないけれど、本当に良く聴いた。
Ra Ra Riot
Ra Ra Riot (JUGEMレビュー »)
Ra Ra Riot
もうヴァイオリンがたまらなく切なくもテンションを上げまくる。Mystery Jets,Larrikin LoveそしてWhite Rabbitsにやられたらこれも是非、たまらないから、ホント。
Shocking Pinks [12 inch Analog]
Shocking Pinks [12 inch Analog] (JUGEMレビュー »)
Shocking Pinks
これは素晴らしい。DFAもなかなかやりますね。今のガレージ気分とエレクトロニカの雰囲気を併せ持つ、ニュージーランドのRadio Deptか。
The Reminder
The Reminder (JUGEMレビュー »)
Feist
iPodのCMに使われて、日本のお茶の間にも浸透したかと思われたが、全くそんなことなく、そこが日本なんだなぁ。結局、地盤が無いところに家は建たないのか?

Bookmark
Profile
Selected Entries
Recent Comments
Recent Trackback
Categories
Archives
Others