EastEnder's Blues

Music that I like recently. Sometimes, Football or films.
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク
- / / - / -
Al Pacino to play Phil Spector in HBO film
 なんとタイムリーな話題。Spectralsのせいで、なんだか先月くらいから再びずっと気になっていたPhil Spector。彼がLana Clackson殺害の容疑で逮捕される直前に行われた本書の著者Mick Brownによるインタビューからかれの半生と事件を考察していくというこの本を、丁度先週から読み始めたところでこのニュース。

 なんとアル・パチーノがスペクターを演じる!?まぁ、僕にとってはアル・パチーノであろうが誰でも良いのですが、遂にPhil Spectorの伝記映画ができるという事の方が何百倍も楽しみなのです。天才/変人のドラマチックな人生を是非観てみたい。本当はPhil Spectorの本も本人の自伝的なもの(やっぱり本人が語るその人の半生は興味深い。例え、少し脚色がしてあっても。)を読みたかったのだけど、どうもなさそうなので、この映画は本当に楽しみだ。見かけだけならゲイリー・オールドマンとか良さそうですけど、キレた演技もできるし。

Posted by Masatoo Hirano (平野 暢達)
film / 09:51 / comments(0) / trackbacks(0)
ミーン・マシーン

 刑務所を舞台に看守と囚人のサッカー対決を描くアクションコメディ。警官を殴った罪で刑務所に入ったイングランド代表フットボーラーのダニーは、所長から看守のサッカーチームの強化を頼まれる。ガイ・リッチー監督作品でお馴染みのVinnie Jones(ヴィニー・ジョーンズ)が主演で、ダニーを演じている。Lock Stock & Two Smoking Barrelsなどで演じているようなキレた役ではないけれど、アラン・シアラーを彷彿とさせるような感じでなかなかのはまり役。
 もちろん英国訛りがしっかりきけます。でも比較的わかりやすいイギリス英語。きっとLock Stock & Two Smoking BarrelsとかSnatchの方が激しい訛りだと思う。テンポ良く進むしフットボールの知識がなくとも楽しめるような作り方がされている(逆を言うと、フットボールファンにとっては物足りないくらい)ので、特別フットボールに強い興味がなくても入っていける。アクションコメディとニューマンコメディの中間くらいな気が個人的にはする。しかし、なぜかAmazonには個人的なお気に入り映画が無い。
Posted by Masatoo Hirano (平野 暢達)
film / 01:04 / comments(0) / trackbacks(0)
フロム・ヘル

 きっとここ半年で観た映画のほぼ8割はイギリス英語に慣れるためというのが、観る映画を選ぶ際の一番の優先順位になっている。所謂「イギリス訛り」の英語が聞けるものを探しては見ている。アメリカ映画と違って、あまり世界的に売れていないので、探すのは結構大変だったりするのだけれど。
 一番好きなイギリス映画は「This Is England」というたぶん2006年くらいに公開された80年代のサッチャー政権時代が舞台となっているものなのですが、かなり強い訛りが聞けるのと、その当時の国内情勢、政治的な問題、ファッション、音楽などがすごくリアルに体感できる映画。ただ、なぜか日本版のDVDが出ていない。日本公開されていないのだろうか?これは本当にすごく良い映画だと思うのだけれど。
 ということで、Amazonにある英国を体感できる映画から個人的なオススメを紹介してみたいと思う。この「From Hell」はジョニー・デップが主演なので、純粋にイギリス映画と言って良いのかよくわからないけれど、あの有名な「切り裂きジャック」を題材にしたもの。舞台は1888年のロンドン、ホワイトチャペル。娼婦の連続惨殺事件を捜査するのがジョニー・デップ。でもその他の出演者の多くがロンドン訛り。字幕無しで観ていると面白いくらいに英国訛りが堪能できると思います。特に、娼婦達の話している言葉が。ストーリーも結構良くできたサスペンスで、オススメできます。
Posted by Masatoo Hirano (平野 暢達)
film / 02:52 / comments(0) / trackbacks(0)

Calender
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
Search This Site
Recommend
Dream Analysis [Analog]
Dream Analysis [Analog] (JUGEMレビュー »)
Jesse Ruins
やってしもた、ついにCaptured Tracksからリリースされてしまった。つべこべいわず応援します。
Tender Opposites
Tender Opposites (JUGEMレビュー »)
Tops
センチメンタルでたまらない。シンセも効いているけど、やっぱりギターがしっかり好きな感じなのでたまらない。涙のCDオンリー。
 (JUGEMレビュー »)

なんとなくカントリーな香りがするのはジャケのせいだけではない。この夏にぴったりなキャッチーな曲満載で、もう奴ら、憎たらしいくらいに格好良い!
グアルディオラのサッカー哲学
グアルディオラのサッカー哲学 (JUGEMレビュー »)
フアン・カルロス・クベイロ,レオノール・ガジャルド
Good Feeling Music of Dent May & His Magnificent [12 inch Analog]
Good Feeling Music of Dent May & His Magnificent [12 inch Analog] (JUGEMレビュー »)
Dent May
夏の必須アルバム。Beach Boysファンはこれが嫌いなはずがない。ウクレレもなんかへんにハワイアンな感じにならず、粋な感じだし、とにかくハイトーンボイスでうたわれるドリーミーだけれど甘ったるすぎないメロディがたまらない。記事に書いた新しいレーベルForest Family Recからのシングルがこのアルバムをさらに越えた出来で衝撃的。是非そちらも。
FAIR OHS / SPECTRALS / Split (7")
FAIR OHS / SPECTRALS / Split (7") (JUGEMレビュー »)
今のところSpectralsで一番好きな曲が収録されているのがこのスプリットシングル。Keep Your Magic Out Of My HouseはYouTubeのライブを観てもやっぱり良い感じ。もう一曲のBirthday Kissも良い曲。だけど、ネット上で見つけたBirthday Kissは別バージョンでよりクリアでアップテンポなやつで、そっちの方がさらに好みだけど。でも、やっぱりKeep Your Magic Out Of My Houseでしょう!
Suburbs
Suburbs (JUGEMレビュー »)
Arcade Fire
あえてレビューを書かなかったのですが、たぶんこれまでの作品で一番ポップで大衆受けする可能性の高いアルバム。かくいう僕も今までのアルバムで一番好きです。特にタイトル曲は曲名からしてツボ。そうです、僕はSuburbsに住んでいるし、そこの空気とか景色に思い入れがあるから。でも曲はきわめてポップ。そこが素晴らしい。
Little Joy
Little Joy (JUGEMレビュー »)
Littlejoy
The Strokesのドラマーによるサイドプロジェクト。これがリラックスしたバカンスサウンドで夏にはぴったり。意外とStrokesのサウンドの肝は彼とAlbert Hammong Jr.だと個人的には思ってます。あのイケメンよりAlbert Hammond Jrのソロ作が好きな人にオススメします。カリプソ風味。
クッキーシーン Vol.74
クッキーシーン Vol.74 (JUGEMレビュー »)
クッキーシーン編集部
裏表紙はEmmy The Great。インタビュー&写真撮影させてもらいましたが、緊張しました。でもなかなか良いのでは?と思います。
クッキーシーン Vol.72
クッキーシーン Vol.72 (JUGEMレビュー »)
クッキーシーン編集部
今回はDeerhunterのインタビューをさせてもらいました。丁度来日ギグもあったのでその写真とライブレポート、さらには『Rainwater Cassette Exchange』のディスクレヴューも書かせて頂きました。
クッキーシーン Vol.70
クッキーシーン Vol.70 (JUGEMレビュー »)
クッキーシーン編集部
The Horrors のインタビューをさせてもらいました。かなり率直に色々訊かせてもらったのですが、それに正直にファリスが答えてくれてます。手前味噌ですが、結構良いインタビューになっていると思います。
The Floodlight Collective
The Floodlight Collective (JUGEMレビュー »)
Lotus Plaza
Deerhunterのギタリスト、Lockett Pundtによるソロプロジェクト。 この前のDeerhunter
Ep
Ep (JUGEMレビュー »)
Tijuana Panthers
Nouns [12 inch Analog]
Nouns [12 inch Analog] (JUGEMレビュー »)
No Age
ATP vs Pitchfork 2008参戦!No Ageはかなり格好いい。ガレージ?エクスペリメンタル?ポストSonic Youth?なんでもいいけど、格好いい。
ゴールデン・ブルー/デス・エッグ
ゴールデン・ブルー/デス・エッグ (JUGEMレビュー »)
スクリーミング・ティー・パーティー
Screaming Tea Partyの日本デビュー盤。先に出ていたEP「Death Egg」ともうすぐ発売のEP「Golden Blue」の2 in 1仕様のようですね。レビューでも書いたように、とにかくメロディが素晴らしいので、グッドメロディ好きは是非一度聴いてみてください。あえて何かっぽいとか言いたくないほどに素晴らしい。
 (JUGEMレビュー »)

R.I.P. 29歳は若すぎる。これからだったのに残念すぎる。あんなに近くで観ていたのに…信じられない。
TWENTY ONE
TWENTY ONE (JUGEMレビュー »)
Mystery Jets
より普遍性を増した感じもするけれど、予想を遙かに超える内容でとにかく驚きの連続。個人的にはVeiled in GreyからTwo Doors Downのこの繋がりがたまらなく好き。Two Doors Downはこのアルバムの中で一番好きです。
Hissing Fauna, Are You the Destroyer?
Hissing Fauna, Are You the Destroyer? (JUGEMレビュー »)
Of Montreal
やったATP vs Pitchfork 2008参戦。このサイケっぽいインディーポップが最高。今回見逃したくないバンドのひとつ。
All Hour Cymbals
All Hour Cymbals (JUGEMレビュー »)
Yeasayer
そう、彼等もATP vs Pitchfork 2008参戦なんだから素晴らしい。どうか色々とかぶらないことを祈って。楽しみだぁ、ホントに。
Night Falls Over Kortedala
Night Falls Over Kortedala (JUGEMレビュー »)
Jens Lekman
素晴らしい。彼もまたATP vs Pitchfork 2008参戦。この煌めきはなかなか見つけられるモノではないと思う。シンガーソングライターものが好きな人へ。やっぱり冬が似合うなぁ。現代のSimon & Garfunkle。
Rise Above [Analog]
Rise Above [Analog] (JUGEMレビュー »)
The Dirty Projectors
彼等もATP vs Pitchforkに来る!個人的には結構好きなバンドなので楽しみだ。どんなライブするのかなぁ。
Fort Nightly
Fort Nightly (JUGEMレビュー »)
White Rabbits
ようやく7インチが今年切られたので、これも2007年のベストの中に入れてしまう。アメリカの底力。Mystery Jetsへのアメリカからの回答、なんていう陳腐な表現しか浮かばないけれど、本当に良く聴いた。
Ra Ra Riot
Ra Ra Riot (JUGEMレビュー »)
Ra Ra Riot
もうヴァイオリンがたまらなく切なくもテンションを上げまくる。Mystery Jets,Larrikin LoveそしてWhite Rabbitsにやられたらこれも是非、たまらないから、ホント。
Shocking Pinks [12 inch Analog]
Shocking Pinks [12 inch Analog] (JUGEMレビュー »)
Shocking Pinks
これは素晴らしい。DFAもなかなかやりますね。今のガレージ気分とエレクトロニカの雰囲気を併せ持つ、ニュージーランドのRadio Deptか。
The Reminder
The Reminder (JUGEMレビュー »)
Feist
iPodのCMに使われて、日本のお茶の間にも浸透したかと思われたが、全くそんなことなく、そこが日本なんだなぁ。結局、地盤が無いところに家は建たないのか?

Bookmark
Profile
Selected Entries
Recent Comments
Recent Trackback
Categories
Archives
Others